本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 北海道日立システムズ

お客さまは、トイレのサービス向上を期待しています。
トイレの空き状況、使用状況を「見える化」してトイレの混雑緩和や清潔・安全・安心をご提供することで利用者の満足度向上が図れます。

トイレ利用状況を利用者のスマートフォンやタブレットで確認ができ、長時間の閉じこもりも検知して管理者へメール通知、常時ドアが閉まっている多目的トイレは人感センサーで在室検知いたします。
各種統計データを活用して、トイレ利用時間ピークの分析、清掃オペレーションの改善で快適なトイレ環境のご提供にお役立ていただけます。

こんなお客さまにおすすめ! 
・ホテル業務を効率化したい
・リピート顧客を増やしたい
・運用負担が軽減できるクラウドサービスを利用したい

トイレ環境見える化サービスの特長

1.トイレの利用状況把握

個室のドア開閉のドアセンサーにより、ドアの開け閉め情報を収集しメール通知いたします。
利用者はスマートフォンやタブレットで利用状況を確認、管理者用PCではデータを収集し統計情報を作成できます。

【システム構成例】

解説画像

2.トイレの使用状況・設備表示

お客さまのスマートフォンやタブレットでトイレの使用状況を確認することが可能です。
トイレ使用状況一覧はWeb画面となっており、QRコードで画面へ誘導することができます。
オプション機能として、ディスプレイによるトイレ利用状況の表示ができます。

解説画像

3.リアルタイム通知

利用者が "トイレが汚れている" と感じたときに「汚いよボタン」を押すことにより、担当スタッフの携帯電話へメールで通知することができます。
また、個室トイレの長時間閉じこもりを検知し、同様にメールで通知をすることができます。

解説画像

4.統計情報の確認

使用状況を見える化することにより、効率的なトイレ用品の補充計画や、清掃オペレーションの改善などにご活用いただけます。
・ トイレルーム単位時間帯別・日別使用回数、長時間使用回数、「汚いよボタン」通知回数など
・ 「使用状況」と「汚いよボタン」のクロス統計情報など

解説画像

トイレ環境見える化サービスに関するお問い合わせ

  • 電話:(011)281−7351
  • FAX:(011)281−7352

   お問い合わせ窓口:営業企画本部 営業企画部