本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 北海道日立システムズ

施設内の入居者情報をリアルタイムにPHS電話機(ハンディナース)に着信表示することで見守り品質の向上と介護スタッフの負担を軽減します。

居室内ベッドに装着した眠りSCANセンサーで検知した離床などの情報を眠りSCAN管理PCよりナースコールシステムへ送信し、日立データコレクション IC2000を経由した情報はPHS電話機でリアルタイムに着信表示されます。

こんなお客さまにおすすめ! 
・ホテル業務を効率化したい
・リピート顧客を増やしたい
・運用負担が軽減できるクラウドサービスを利用したい

見守り支援サービスの特長

1.眠りSCAN検知情報をIPTへ連動

センサーからのモノの情報収集を電話線から行うことができる新しいプラットフォームである「日立データコレクション IC2000」を経由することで、眠りSCANの検知情報(@離床A起上りB覚醒C呼吸低下D呼吸増加)を検知した入居者の情報がリアルタイムにPHS電話機(ハンディナース)に着信表示がされます。

【システム構成例】

解説画像

見守り支援サービスに関するお問い合わせ

  • 電話:(011)281−7351
  • FAX:(011)281−7352

   お問い合わせ窓口:営業企画本部 営業企画部