本文へジャンプ

Hitachi

株式会社 北海道日立システムズ

シカやイノシシなどの野生動物による被害にお悩みの方に!
高輝度な光と威嚇音を使って野生動物を追い払います。

高輝度なLEDから発せられる点滅発光とスピーカーから発せられる威嚇音により、
シカなどの野生動物を忌避させ、特定場所への侵入を低下させます。
忌避装置にマイクロ波センサー、カメラを組み合わせることで野生動物の侵入状況を
目で確認することができます。

こんなお客様におすすめ! 
・シカやイノシシなど野生動物による被害を減らしたい
・クマによる人身被害を防ぎたい
・侵入してくる野生動物の状況を目で確認したい

サービスの特長

1.豊富な光と音のパターンで「慣れ」を防ぐ

赤色・青色・黄色・白の高輝度のLED発光モジュールによる光過敏症の点滅周波数を活用した音と複数の威嚇音をランダムに作動することで、継続的な忌避効果を発揮します。

2.忌避装置とITを融合。遠隔操作による設定変更も可能

遠隔操作によって、動作の開始・停止、光や音の入替えなどの設定変更ができますので、
慣れさせないよう、変則的に設定変更が可能です。
センサーを搭載した場合、連動するIPカメラによって録画が開始され、感知した情報をメールで受け取ることができます。
※遠隔操作機能は、基本・標準モデル(オプション:モバイルルーター搭載)と拡張モデルで利用可能です。

3.複数個所における効果検証で、忌避効果を確認

全国で、シカやイノシシにおいて効果検証を実施しています。
農地、山間地区、ゴルフ場などで忌避効果を確認できています。

装置の製品仕様

装置の製品仕様

サービスモデル

サービスモデル

拡張モデルサービスイメージ

拡張モデルサービスイメージ

導入の効果

導入の効果

導入の効果

※詳しくは、導入事例ページにてご紹介しています

新鳥獣害対策ソリューションに関するお問い合わせ

  • 電話(011)223−1200
  • FAX(011)223−1205

  担当者:札幌支店 吉川(きちかわ)